会社概要

TOSとはTechnicality Originality Specialty による TOtal Solutionの略です。
私たちが手がける情報システムは、金融や通信、デパートやスーパー/コンビニ製造業や卸売り業、ドラッグストアーなど暮らしと密接に結びついています。
これからもお客様に満足いただけるコンピュータシステムの提供を第一の目的としてTotal Solution構築を目指します。

会社名 株式会社 トスプランニング
本社 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目28番2号 コ-ア諏訪ビル2F
設立 1981年(昭和56年)7月27日
役員
会 長 坂田 金司
代表取締役社長  清水 通男
取締役 磯 裕幸
取締役 井野 純一
監査役 北浦 弘之
資本金 3,000万円
売上高 3億1422万円 (2018年6月期)
従業員数
54名 (2018年8月31日現在)
正社員:31名 協力会社技術者:23名
取引銀行
みずほ銀行 高田馬場支店
商工組合中央金庫 新宿支店
りそな銀行 早稲田支店
三井住友銀行 高田馬場支店
事業内容
コンピュータシステムのコンサルティング
コンピュータソフトウェアの受託開発
コンピュータシステムの運用管理
コンピュータソフトウェアの技術者派遣(労働者派遣届出受理番号 派13-080417 )
業務実績
■大手コンビニチェーン
(流通店舗/本部システム(売上管理、売掛管理、棚割管理、顧客管理)
■大手ドラッグストア-
(本部システム(売上管理、売掛管理、棚割管理、顧客管理)
 事務処理システム(販売/顧客管理等)
 Client/Serverシステム
 Internet-webシステム
 制御システム
 IC-Cardシステム
■公共
 音響スケジュールシステム、経理システムなど
主要取引先 東芝テック株式会社、日本電気株式会社、システム技研株式会社、その他、SI企業・大手ソフトハウス (敬称略、順不同)
グループ会社
システム技研株式会社
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目34番1号 サンフジビル5F
TEL:03-5272-8830 FAX: 03-5272-8836
株式会社ファルコンシステム
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目34番1号 サンフジビル4F
TEL:03-6820-7340 FAX: 03-5272-8836
ISO JQA-IM0850 2010年4月30日 認証取得

社長挨拶

株式会社トスプランニング
代表取締役社長 清水 通男

株式会社トスプランニングは創業以来、流通関係業務を中心にソフトウェアの開発、運用を手がけて参りました。
コンピュータ業界もハード、ソフト共に大きな進歩をとげ、一般の方でもこれらを手軽に利用できる時代となりました。
しかし、まだまだ発展の途上にあり、未成熟な環境にあります。IT業界というより広いビジネス環境の中で、弊社は今後流通業界だけでなく、広く他業界の皆様にも貢献することを目指し、努力する所存でおります。
また、現在ほど一般の方々が情報の価値を認識した時代は、なかったと思います。これはコンピュータの発達によって、より多くの情報が生み出される環境が生まれたことを意味します。
IT技術が発展し便利になってきた反面、情報の漏洩など多くの危険も生まれて来ました。どんなに技術が進歩しても、それを使うのは人間です。私たちはモラルの向上を目指すと共に、IT技術の研鑚を行い、より高いビジネスソリュ-ションを提供して参ります。
今後とも一層のご支援を賜りますよう、心から、お願い申し上げます。
2005年8月吉日

業務内容

システム開発実績例

金融
都市銀行 勘定系システム(預金・融資・内国為替・外国為替、債券、デリバティブ)
地方銀行 勘定系システムパッケージカスタマイズ
信託銀行 確定拠出型年金(401K)システム、資産運用管理システム
信販・カード会社 オーソリ・与信管理システム、債権・債務管理システム、会員管理システム
証券会社 証券管理システム、T+1(翌日決済)対応システム、証券保管振替対応システム
生命保険 企業年金システム、共済年金システム、個人保険システム、団体保険システム
損害保険 自動車保険、火災保険、旅行保険、代理店システム、保険料シミュレーションシステム
流通
大手コンビニチェーン 本部系/店舗系システム、仕入管理・在庫管理・売上管理、棚割システム
製造
自動車メーカー 販売店管理システム、BtoB Webコマースサイト、モジュール仕掛管理システム
アパレルメーカー 仕入管理・在庫管理・売上管理、顧客管理システム、フランチャイズ管理システム
通信
固定網通信事業者 顧客管理システム、課金管理システム、人事管理システム
移動体網通信事業者 顧客管理システム、携帯電話アプリケーション開発
公共・自治体
官庁 電子申請システム、俸給・人事管理システム
Hard Ware OS Data Base
汎用機(IBM、FACOM、HITAC) MVS、OS/390、MSP、XSP、VOS3 DB2、IMS、RDB、AIM
EWS、Server AIX、UNIX、Linux、WindowsServer Oracle、DB2UDB、Sybase
PC Windows SQL-Server、PostgreSQL
開発言語
Web
Java(JSP/Servlet)、Perl、PHP
C#、VB.NET、JavaScript、VB-Script、HTML、VC++
UNIX-COBOL、Pro*COBOL
Client/Server Visual Basic、AccessVBA、UNIX-C
汎用機 COBOL、PL/1
※システム開発以外では、UNIX、Windowsによるクライアントサーバシステムの構築等、ネットワーク・インフラ関連の業務や、ヘルプデスク等のユーザサポート業務も多数手掛けております。

沿革

西暦 出来事
1981年
資本金1,500万円にて設立
代表取締役坂田金司
流通業(小売、卸、飲食)を主体にコンピュータシスム・物流システムのコンサルティング及びソフトウェア開発を主に運営
1998年6月
代表取締役社長に粕谷彌太郎就任
前社長坂田金司会長に就任
2001年1月
トスビジネスコンサルタントと合併
資本金2,500万円
代表取締役に坂田金司就任
2001年9月
代表取締役に粕谷彌太郎、村山和夫就任、会長に坂田金司就任
2003年5月
代表取締役に清水通男就任
2005年2月
事務所移転
高田馬場1丁目28番2号 コ-ア諏訪ビル2F
2011年10月
顧問に粕谷彌太郎、取締役に磯裕幸就任

育成理念と資格取得バックアップ

研修制度

新卒の方など、ソフトウェア業界未経験の方は、入社後に2ヶ月程度の社外研修を受講していただきます。
当社の研修は、単なる知識の習得を目的とはしていません。
実務に対応できる力を短期に身に付けられるよう、実習に重点を置いています。
実際に試し、問題に直面し、それらを解決することを通して学んでいただきます。

■研修プログラム
ビジネスマナー 半日
情報処理基礎 5日
ネットワーク技術 1日
HTML 1日
UML入門 2日
JAVA/オブジェクト指向入門 20日
JSP/サーブレット 10日
JAVA実習 10日
構造化プログラム設計 2日
システム設計 3日

資格取得バックアップ

社員全員が何らかの資格を取得できるように、本社からもバックアップしています。
資格を取得した社員に対する資格手当&報奨金制度と、資格取得を目指す社員に対しての勉強会や模擬試験を実施しています。

■資格手当&報奨金制度
経済産業省認定、ベンダー系の資格を取得した社員に対しては、報奨金(一時金)を支給します。

情報処理技術者資格 報奨金(一時金) 備考
ITパスポート 20,000円 合格時の年齢が25歳以下
10,000円 合格時の年齢が26歳以上
基本情報技術者 80,000円 合格時の年齢が29歳以下
30,000円 合格時の年齢が30歳以上
応用情報技術者 100,000円
ITストレテジスト 150,000円
システムアーキテクト 150,000円
プロジェクトマネージャ 150,000円
ネットワークスペシャリスト 50,000円
データベーススペシャリスト 50,000円
エンベデッドシステムスペシャリスト 50,000円
情報セキュリティスペシャリスト 50,000円
ITサービスマネージャ 100,000円
システム監査技術者 150,000円
Webデザイン技能検定3級 20,000円
Webデザイン技能検定2級 50,000円
Webデザイン技能検定1級 150,000円
ベンダー系資格 報奨金(一時金)
Oracle Master Database 11g、10g、9i Bronze、Fellow 30,000円
Silver 50,000円
Gold 100,000円
Cisco Certified Network CCNA 50,000円
CCNP 100,000円
LPI認定試験(LINUX) LPIC-L1 60,000円
LPIC-L2 60,000円
LPIC-L3 Core 60,000円
LPIC-L3 Specialty 50,000円
Oracle認定JAVAプログラマ OJC-P Bronze 50,000円
OJC-P Silver 70,000円
OJC-P Gold 80,000円
UMLモデリング技能認定試験 UMTP-L1 30,000円
UMTP-L2 50,000円
UMTP-L3 100,000円
UMLモデリング技能認定試験 Foundation 30,000円
TOEIC 今回の得点 過去の最高得点 報奨金(一時金)
500~649点 499点以下 10,000円
650~700点 599点以下 20,000円
499点以下 30,000円
700点以上 649点以下 30,000円
599点以下 50,000円
499点以下 60,000円
日商簿記 今回の合格級 前回の合格級 報奨金(一時金)
3級 対象外 10,000円
2級 対象外 30,000円
1級 対象外 60,000円
MCP 試験区分 合格前の保有資格 報奨金(一時金)
MCPプロフェッショナル なし(複数合格しても、支給は1回のみ) 50,000円
MCDST
デスクトップサポートテクニシャン
MCP 10,000円
なし 60,000円
MCSA
システムアドミニストレータ
MCDST 40,000円
MCP 50,000円
なし 100,000円
MCSE
システムエンジニア
MCSA 50,000円
MCDST 90,000円
MCP 100,000円
なし 150,000円
+セキュリティ MCSE 30,000円
+メッセージング MCSE 30,000円
MCITP  ITプロフェッショナル
サーバー アドミニストレーター - 80,000円
エンタープライズ アドミニストレーター サーバーアドミニストレーター 60,000円
- 140,000円
Enterprise Project Management
With Microsoft Office Project Server 2007
- 60,000円
コンシューマー サポート テクニシャン
エンタープライズ
サポート テクニシャン
30,000円
- 60,000円
エンタープライズ サポート テクニシャン
コンシューマー
サポート テクニシャン
30,000円
- 60,000円
エンタープライズ メッセージング
アドミニストレーター
- 80,000円
データベース デベロッパー MCDBA 50,000円
なし 60,000円
データベース アドミニストレータ データベースデベロッパー 50,000円
MCDBA 50,000円
なし 80,000円
ビジネス インテリジェンス デベロッパー なし 60,000円
MCPD  プロフェッショナル デベロッパー
Web デベロッパー MCAD 30,000円
Windows デベロッパー 50,000円
なし 80,000円
Windows デベロッパー MCAD 30,000円
Web デベロッパー 50,000円
なし 80,000円
エンタープライズ
アプリケーション デベロッパー
MCSD 50,000円
Web デベロッパー 80,000円
Windows デベロッパー 80,000円
Web と Windows 両方 50,000円
なし 150,000円
Windows デベロッパー 3.5 Web デベロッパー 30,000円
なし 100,000円
ASP.NET デベロッパー 3.5 Web デベロッパー 30,000円
なし 100,000円
エンタープライズ
アプリケーション デベロッパー 3.5
エンタープライズ
アプリケーション デベロッパー
50,000円
Windows デベロッパー 3.5 100,000円
ASP.NET デベロッパー 3.5 100,000円
Windows3.5とASP.NET3.5両方 70,000円
なし 200,000円

情報セキュリティ基本方針

株式会社トスプランニングの情報セキュリティ基本方針

1.目的

当社のシステム開発業務活動において収集、作成、活用される情報は、当社にとって経済的価値のある貴重な財産です。
これらの情報を安全かつ効率良く活用するために、当社は、情報に対する適切な管理を推進し、情報を積極的に活用するための基盤を構築、維持していかねばなりません。
また、企業の社会的責任において、情報の漏えいや不正利用等社会的信用を失う事態をおこしてはなりません。
当社は、情報に対する適切なリスク管理を社の重要な情報戦略の一つとして位置付け、前向きに取り組みます。
この基本方針書は、当社の情報を利用する当社の役員及び従業員ならびに社外の関係者が、情報セキュリティを確保するにあたって遵守すべき指針を定めたものです。

2.情報セキュリティ基本方針

(1)ユーザID及びパスワードの適切な管理の実施
各システムは、ユーザID及びパスワードにより情報利用者の認証を行うものとします。
また、パスワードを漏えいの無いよう適切に保護します。

(2)情報資産の保護
社内情報資産を情報の破壊、漏えい、盗聴、改ざん、ウイルス感染等の脅威から保護するために適切に取り扱います。

(3)アクセス制御の実施
情報利用者に付与する社内情報資産等へのアクセス権を必要最低限とし、
権限を越えたアクセスがおきないよう、適切にアクセス制御します。

(4)コンピュータウイルス対策の実施
社内情報資産の取り扱いにおいて、ウイルス感染被害への対策を講じるとともに
第三者へウイルスを感染させないよう、適切な予防対策を講じます。

(5)情報セキュリティに関するコンプライアンス
当方針に従い法令遵守及び情報システム並びに情報資産等への継続的な予防防止策を講築します。
また守秘義務について顧客との契約内容を遵守いたします。

(6)物理アクセス管理の実施
重要な情報を扱う情報システム及び重要な業務活動の源となる情報資産等を災害等による
物理的損害や認証のないアクセスによる盗難、破壊の脅威から適切に保護します。

(7)セキュリティ制御体制の確立
セキュリティ対策を実行、制御し、施行されるセキュリティ対策を、企業風土として定着させるため、
管理的枠組みを明確にします。

(8)企業情報倫理対策の実施
社内情報資産を承認されたビジネス目的のためだけに効率良く使用します。
また、そのために必要最低限の情報倫理対策を講じます。